戸籍謄本について 平成26年10月31日

みなさんご承知のとおり、家系や本籍地などの個人情報は、プライバシー保護の観点から、機微(センシティブ)情報として取扱いには特に注意が払われています。

事例としては、市役所で住民票の写しを請求する場合、続柄や本籍の記載されたものが必要なときは、本人または権限者が本籍等が必要である旨の意思表示をしないと記載されませんし、戸籍についても本人または一定の権限のある親族や受任者等でないと交付請求ができないなど厳格に取り扱われています。

 一方、相続に関しては、戸籍謄本等は必ず必要になりますので、転居、転勤などで市区町村の異なる所へ転籍している人の場合は、その本籍地の戸籍謄本等の取り寄せが大変になります。

その相続手続きに必要な被相続人の戸籍謄本等を取り寄せる方法は、まず、相続人が現在の被相続人の本籍地の市区町村役場で戸籍証明書等の交付申請をして、電子情報で作成された戸籍の「全部事項証明書」を交付してもらいます。次に、この証明書の「戸籍事項」欄に記載されている改製事由「平成6年法務省令51号による改製」文言を確認し、現戸籍の前の「改製原戸籍」と表示のある戸籍の謄本を請求します。
 この場合、実務上は窓口で全部事項証明と改製原戸籍を同時に交付申請しています。


 さらに、改製原戸籍の戸籍事項欄を確認し「○年○月○日○○町○○番地より転籍届出」の記載事項を見て、その記載されている本籍の所轄市区町村役場あてに、登録済み本籍の「除籍謄本」を交付申請します。
 原則として、相続人に関する戸籍は、被相続人の生まれた時までさかのぼって除籍謄本等全部を揃えることになります。

また、一口に戸籍といっても現戸籍のほかいろいろ種類がありますので概説しておきます。十分確認しておいてください。

?除籍 戸籍簿から一部または全部の者が除かれることです。たとえば子が婚姻による新戸籍編成または   婚姻先配偶者戸籍へ入籍した時、養子や死亡の時などに除籍されます。名前の欄が×印で消されて   いますので「相続人」であるかどうかの判定も必要になります。

?改製原戸籍 戸籍の改製により従前の戸籍が削除され、新たに戸籍の編製が行われた場合の従前(もと      の)の戸籍のことで2種類あります。

 ①平成6年法務省令51号附則第2条第1項による改製により削除された従前の戸籍・・・磁気ディス  クによる戸籍調整のため改製されています。
 ②昭和32年法務省令27号新戸籍法に基づく戸籍の改製により削除された従前の戸籍・・・昭和22年  戸籍法施行後、諸事情により10年後に改製となっています。

 いずれも保存期間150ですから滅失等(仮戸籍で対応)がない限り、必要な戸籍を全部揃えることは可能です。

「終活」の一環として、自分の本籍地、戸籍筆頭者(父、祖父など)所轄市区町村などはメモやエンディングノートなどに書き留めておかれることをお奨めします。

  (ご参考)             <全部事項証明の見本(抜粋)>

                                                          全部事項証明

本   籍

氏   名

千葉県松戸市新松戸七丁目1番地

 甲野 太郎

戸籍事項

  戸籍改製

[改製日]  平成19121

[改製事由] 平成6年法務省令第51号附則による改製

戸籍に記録されている者

 

身分事項

[] 太郎

[生年月日]      [配偶者区分] 夫

[] 甲野一郎

[] 甲野 花

[続柄] 長男

戸籍に記録されている者

 

―略―

これは、戸籍に記録されている事項の全部を証明した書面である。

  平成  年  月  日       千葉県松戸市長  ○○○○  



改製原戸籍の見本(抜粋)>